Contents
〒693-8555
島根県出雲市姫原4丁目1-1
島根県立中央病院
放射線技術科 核医学検査室内
■担当:吉岡隆二
■TEL:0853-22-5111(内線 6188)
■FAX:0853-21-2975
■e-mail:
出雲大社


トップページ > ご挨拶

ご挨拶

平成24年12月吉日

第29回日本診療放射線技師学術大会

大会長 小 林 一 郎

(一般社団法人島根県診療放射線技師会会長)


 このたび、第29回日本診療放射線技師学術大会を平成25年9月20日(金)~22日(日)の3日間、島根県松江市の島根県民会館、サンラポーむらくもにて開催する運びとなりました。平成25年は、出雲大社において平成の大遷宮・本殿遷座祭が執り行われます。出雲大社といえば、古来より年に一度全国各地の神々がお集いになられ、人々のしあわせのご縁を結ぶ会議「神議(かみはかり)」がなされることで知られています。本大会が、全国各地の医療圏を護っておられる診療放射線技師にとっての、神議となり人々の健康を、ひいては人々のしあわせのご縁を結ぶ大会となるよう、関係者一同尽力して参ります。


 また、会場となります松江市は、松江藩七代藩主の松平治郷(号を不昧)の時代より、茶の湯文化が根ざしております。茶の湯とは、すなわち「おもてなし」であります。不昧公にならい、茶の湯のもてなしで皆様をお迎えしたいと考えておりますので、多数のご参加をお願いいたします。


 本大会では、公益社団法人日本診療放射線技師会の継続企画をはじめとし、抜針講習会、各種セミナーなど、日常の診療業務に直結する内容を用意しております。また、一般演題では業務改善活動の報告や、研究の成果を発表していただきます。その他、市民公開講演・特別講演・教育講演など各種講演を用意しおります。


 本大会はメインテーマを「国民・医療者と協働し、質の高い医療を提供しよう」とし、サブテーマを「神業が魅せる術(わざ)」とさせて頂きました。


 近年、放射線関連の検査においてもインターネットなどで簡単に検索することができ、国民の医療に対する知識やニーズは高まっています。そのような中で、我々診療放射線技師が高度な知識と技術を基に最高の技を提供すること。これこそが、まさに「神業が魅せる術」ではないでしょうか。本大会が、現状に甘んじることなく日々精進していくための研鑽の場となるよう願ってやみません。


 最後に、決して交通の便がいいとは言えない、山陰での開催となりますが、遠路はるばるお越しいただいた皆様には、山陰の風土、また山陰の人柄に触れて頂けるよう、万全のおもてなしをさせて頂きますので、多くの会員のご参加、ご発表をお願いし、ご挨拶と代えさせて頂きます。